お引越しなど他のお教室からの移動で教室をお探しの方へ

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

この季節は、他のお教室からの移動で
新たに教室を探す方からのお問合せが何軒かあります。

もちろん転居だけでなく、最近はいろいろな事情を抱えての
教室選びをなさっている生徒さんも少なくありません。

私の指導方針はホームページをご覧いただくとおわかりいただけるかと思いますが、
習い始めの「導入期」を大切にしています。
導入期に必要な事柄を、定着していないまま通り過ぎてしまうと
そのうち限界がきてしまうからです。

例えば、音符がよめない、指番号が適当、楽譜を見ずに覚えて弾く、手を見て弾くetc・・・

限界がくると「ピアノが嫌い」になり「ピアノの練習をやらない」となっていきます。
すると家族の方は「練習しないならやめなさい」と
いうふうにまさに悪循環が起こっていきます。

なぜ練習をしなくなったのか、その原因を考え直そうともしないで
教室(先生)を変えれば解決すると安易に思っているのかも知れません。
しかし、こうなってから教室(先生)を変えても
何も変わらない事をわかって欲しいのです。

私は、導入期がきちんとできていないお子さんには、
一から戻って定着させる方針でレッスンをしています。 

ある意味、お子さんのプライドに傷をつけるかも知れません。

 でもお子さんにピアノを続けて欲しいからご家族の方も教室を探されているのだと思うので、
この先も自分の力で歩んでいけるような土台作りをご理解ください。

おうちでおねがいしたいこと

 ●練習(復習)をする習慣をつけてください
  どんなレベルにしてもピアノの前に座り本を広げて弾く時間を作る
  はじめは10分でも構いません。この時間は集中することが大切。

 ●お子さんが「わからない」と言ったら・・・
  読譜が面倒くさい時によく口にする言葉です。
何がわからないのか聞いてみて書き留めさせてください。
次のレッスンできちんと対応いたします。

 ●お母さんはあくまでもお母さん。
  最近のお母さんやお父さんはピアノ経験者が多いです。
  お子さんの練習を見て下さることはありがたいのですが、
ついつい力が入ってしまうケースは子供さんにとってマイナスな場合も。
結果をじゅうぶん褒めてあげてください。

  大好きなお母さんやお父さんにいっぱい褒められることは、
お子さんにとってやる気を増進することなんです。


公開日:
最終更新日:2017/05/12

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑