ピアノコンクールを終えて

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。

年間イベントの一つヤマハの「ピアノコンクール」が
今年も開催されました。

参加を始めて約10年になりましょうか。
多数の生徒を舞台に上げました。

課題曲がないコンクールなんて
全国的には少ないと思いますが
それを強みにできるように
選曲にはかなり神経を使います。

生徒の不得手な部分を隠しつつ
得手とするところを演奏時間の中で十二分に発揮できる
そんな曲を探し出すのが私流選曲。

諸先生方の中には生徒自身に曲を選ばせるという
パターンが多いのですが
私には自信がないので
選んだ曲が合わない時だけ
再選曲するという半ば強引なやり方で。

今年の4人の生徒たちには7月に曲を渡し
まず耳から何度も曲の全体像をインプット。
9月には弾きあげて10月は弾き込み、
11月は調整というスケジュールで進めました。

4人とも本当に努力し完成させました。
前日の弾きあい会は、
狭い部屋に生徒さんだけでなく
保護者の方も一緒に聴いてくださり
一人ひとりにメッセージを送ってもらいました。

当日、私は舞台袖でしか
みんなの演奏は聴けませんでしたが
後ろ姿は自信にあふれていました。

IMG_1917 IMG_1918 IMG_1919

「たんぽぽがとんだ」
音の長さがとても歯切れ良かったよ。
「パリの休日」
にぎわった街並みが浮かんできました。

「エチュード・アレグロ」
右手の離鍵は完璧だったね。
迫力ある演奏でした。

「秋の光に落ち葉が舞って」
まさしくこの季節の街路樹の様子です。
とてもイメージしやすく3Dな演奏でした。

「はくちょう」
鳥の王様、美しい白鳥が空から舞い下りて
大きな羽を広げている姿、
初めのフレーズで美しさに涙ぐんでしまいました。

みんなお疲れさまでした。
この中で一人だけ「銀賞」をとることができました。

受賞はみんなにとって目標でもあるけれど
コンクールに向けて努力したプロセスは
とても貴重な宝物です。
この経験を自信に代えて
これからも頑張ってくれることを願っています。

クリスマスコンサートで4人の演奏は披露してくれます。
ぜひ、楽しみにしていてください。

関連記事

no image

振替レッスンをしない理由

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 生徒さんの都合により 欠席される場

記事を読む

no image

お悩み・・・ピアノの練習嫌い

生徒さんの親御さんによく相談される、 定番中の定番のお悩みのひとつにがコレです。 「うちの

記事を読む

もっと自然に出てみよう~HP写真

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 ホームページ作成に

記事を読む

no image

打鍵と音色の関係

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今日は一日中コンク

記事を読む

リトミックピアノの教材

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 本格的なピアノのレッス

記事を読む

これで加線の音符もへっちゃら

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 生徒たちの五線の譜読み

記事を読む

no image

ピアノも値上げ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 先日、ヤマハのピア

記事を読む

ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

同じ時期にピアノを始めて 同じ教材でレッスンを進めていても 生徒によって進度やテクニックの習得に

記事を読む

no image

発表会から学ぶこと~1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「発表会」をテーマ

記事を読む

no image

学びとは「後ろに進む動く歩道」

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 藤 拓弘先生の指

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner リトルランド

PAGE TOP ↑