母親→子供への関わり方

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 教室と生徒のこと , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。

先日、習い始めて一年たったRちゃんのママから
こんな質問を受けました。

「私はピアノを習ったことがないので
家での練習はどこまで子供に関わればよいですか?
これから子供がどんどん上達していっても
ピアノの練習を見てあげることは無理だと思います。」

Rちゃんのママはレッスンは必ず見学されていて
レッスンでの私の一言一句を逃さないように
ノートに書き留めておられます。

お家に帰ってからはRちゃんと一緒に弾くために
Rちゃんが幼稚園に行っている時間にこっそり
練習されているとのこと。

若いお母さんなのにとても偉いと思いました。
実際に練習してみてRちゃんのママは
頭ではわかっているけれど思うように指が回らない。
子供も同じ箇所で苦戦しているのがよくわかる。
こんな感想を述べられました。

最近はピアノが、そこそこ弾けるお母さんも多いです。
そんなママは、ついつい上から目線で
「そんなこともできないの?」と口調もきつくなり
親子喧嘩にまで突入してしまうことにも・・・
「何回も間違えるからママに手を叩かれた。」
レッスンで私に言う子もあります。

でも、私が一番望まないのは無関心すぎるお母さん。
普段の練習は全く関わらないのに
子供が練習していると「もう一回弾きなさい」
「ピアノの練習しなさい」練習しないならやめなさい」
言うことだけ強烈。
きっと本音はお月謝がもったいないだけの理由でしょうか?

子供がピアノの練習をしているなら
お母さんも、その時間は家事を一生懸命にするとか
お子さんの横で聴いてあげるとか
「共有」することをお勧めします。
お母さんもお忙しいでしょうが、携帯でゲームをしたり
メールをするのは後回しにしましょう。

関連記事

no image

ピアノの調律していますか?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 ピアノは生きていま

記事を読む

no image

生徒一人ひとりと向き合うこと

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 発表会という一つの区切

記事を読む

音の階段 完成!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 10/13は台風19

記事を読む

no image

そろそろ選曲

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 秋の気配がとて

記事を読む

あったらいいな~連絡ノート

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 生徒さんと保護者さんと先生

記事を読む

no image

他の教室からの移行をお考えの方へ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 今まで大手の教室

記事を読む

no image

幼児期の音痴は当たり前

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 体験レッスンでの 保護者さまからの

記事を読む

シールはやる気のエネルギー

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 「シール」はレッスン

記事を読む

ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

同じ時期にピアノを始めて 同じ教材でレッスンを進めていても 生徒によって進度やテクニックの習得に

記事を読む

no image

土曜日、開講します

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 春の新入会が落ち着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑