言い方しだいで変わるもの~ピアノの練習

公開日: : ピアノ , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

oyako

「練習しなさい!」と言われたことや言ったことありますか?

時間はあるのにピアノの前へ座ろうとしない態度に
親なら確かについつい言ってしまいますね。

子供もなぜピアノを触ろうとしないのでしょう。

まず、「なぜ」を見つけることです。
ほとんどの場合、他に興味のあることがたくさんあるのです。

やる気がない時に無理やり弾かせるのは逆効果。
ピアノの音が聞こえると親御さんは自己満足かも知れませんが
やはりピアノを弾く本人が自発的に努力をする事が出来るかどうかが
上達するかどうかの「差」ですよね。

私は導入期の生徒さんの指導で
「言葉がけ」をとても慎重にしています。

五線読みが苦手な子には、
宿題の予習としてメロディの譜読みを必ずさせます。

たぶんここで何もしなかったら家でも本を開けることはしないだろう・・・
でも、私に言われると嫌々ながらも読み始める。
こちらも適度に助けながら何とか読み終える。

「〇〇ちゃん、すごいよ!ぜ~んぶよめたよ!」
「お家にかえってお母さんにも聞かせてあげてね。
おかあさん、びっくりすると思うよ。」

なんて、超がつくぐらい大げさに喜んであげる。
子供の顔はいっぺんに自信をもった顔になる。

片手なら弾けるけど両手奏に苦心している子には、
1小節両手奏ができただけで
「ほら!できた!きっと次もできるよ」
「よかったねー。もうだいじょうぶ。」

心から拍手してあげる。
すると子供は頑張れた達成感に満ちあふれた顔になる。

だって、レッスン中、ほんのわずかな私の言葉で
演奏がガラッと変わる瞬間は、
生徒さん達の吸収力や成長を目の当たりに感じるときであり
本当に感動的そのもの。

だから、ご家庭でも

「ピアノの練習しなさい」ではなくて

「ピアノ、聴かせて!」

と、声をかけてみられたらどうでしょうか。

関連記事

no image

ピアノがもっと上手くなるために

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 小学生も中学年となると

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。 あらかじめ基

記事を読む

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

ツェルニーは要?不要?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 ピアノを長年経験

記事を読む

譜読みを克服しましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「譜読み」は得意で

記事を読む

no image

緊張感と上手につき合う方法~続編

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「緊張感と上手につき合

記事を読む

おうち教室の先生と楽器店の専属講師の違い

  こんにちは。 間瀬 知子です。 おうち教室のピアノの先生と 楽器店教室の雇

記事を読む

no image

休符を正確にとらえる方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「み・れ・ど・うん

記事を読む

no image

生きる力

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 子供たちは 日々、生活の中で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑