緊張感と上手につき合う方法~続編

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 ピアノ , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

「緊張感と上手につき合う方法」の続編です。

良い演奏のためには「ある程度の緊張」は必要だということ。
ここで「ある程度」というのがキーワード。

「緊張しすぎ」は明らかに良くないですね。
緊張しすぎるということは、準備に何らかの問題があることが多いわけです。
これについては、前回の記事を参照してください。

適度な緊張は、集中力を高めます。

これまでの自分の練習を振り返る。
レッスンを振り返る。
先生から注意されたことを振り返る。

そうすると、頭の中が整理され、
自分のすべきことが自然とまとまってきます。

つまり、緊張するということは、余計なことを考えている証拠なのかも知れません。

余計なこととは・・・
例えば、かっこよく見せたいとか、上手く弾きたい、とか。

まぁ、誰だってそう思うのですが・・・
でも、当日(ギリギリ)になってこんなことを考えているようではダメなのかも。
そういうことは準備の段階でのことで 、当日になって考えることではないということ!

練習以上を披露できるはずなんて絶対にないんです。

ステージで100%の成果を出すことなんて無理です(汗)。
というか、自分は幼少のころから何十回とステージを経験してきましたが
練習通りいったことなんてゼロ。

練習でいくら完璧だと思っていても本番は良くて7~8割くらいしか出せないもの。
練習をいくらやっても練習通りにはいかないのが本番(汗)。

ステージで完璧に近い演奏をしたいのなら、
練習で120%も130%もやるしかない!!

そう思います。

関連記事

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

ツェルニーは要?不要?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 ピアノを長年経験

記事を読む

no image

ピアノがもっと上手くなるために

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 小学生も中学年となると

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-2

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなければな

記事を読む

緊張感とうまくつき合う方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 では、緊張はなぜおこる

記事を読む

ピアノの練習嫌いを直す効果的な方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 定期的に講師で集まりを

記事を読む

no image

上達するにはいい音楽を聴きましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 久しぶりにCDを聴い

記事を読む

言い方しだいで変わるもの~ピアノの練習

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「練習しなさい

記事を読む

PTNAピアノステップ終了しました

PTNAピアノステップに お教室から2人 出演されました。 課題曲は基礎テクニックを、

記事を読む

おうち教室の先生と楽器店の専属講師の違い

  こんにちは。 間瀬 知子です。 おうち教室のピアノの先生と 楽器店教室の雇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑