うたうといいことがいっぱい

公開日: : 最終更新日:2017/05/17 ピアノ , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

私はレッスンをしている時、よく歌います。
別に歌うことに自信があるわけでもありません。

だから、決して上手な歌声ではないけれど
生徒に一番伝えやすい方法だと思うから。

導入期の生徒にもできる限り弾きながら歌わせます。

さて、どんな良いことがあるでしょうか?

・読んでいる音と弾いている音を自分の耳で確かめています。
・ピアノの正確な音程を聴いているので正しい音程が身についています。
・スラーを意識してフレーズ感を養えます。

導入期から意識して声を出している生徒さんは
中級になっても上級になってもとても表現力があります。

もうひとつ、顔の筋肉を毎日使うとアンチエイジングの効果大だとか。

関連記事

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。 あらかじめ基

記事を読む

no image

緊張感と上手につき合う方法~続編

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「緊張感と上手につき合

記事を読む

no image

小さい手でも大丈夫!

こんにちは。 兵庫県川西市でピアノ・幼児ピアノ教室をしている間瀬知子(ませともこ)です。 今日

記事を読む

ピアノの練習嫌いを直す効果的な方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 定期的に講師で集まりを

記事を読む

手作り教材~タッチポイント

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 時間と心の余裕があると

記事を読む

おうち教室の先生と楽器店の専属講師の違い

  こんにちは。 間瀬 知子です。 おうち教室のピアノの先生と 楽器店教室の雇

記事を読む

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

ツェルニーは要?不要?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 ピアノを長年経験

記事を読む

譜読みを克服しましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「譜読み」は得意で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑