ピアノがもっと上手くなるために

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 ピアノ , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

小学生も中学年となると約数年のキャリアをもっているので
プライドもどんどん高くなっていきます。

今日は、ありがちな生徒のお話です。

今日の最初の演奏・・・「うーん。」という感じのものでした。
回を重ねるごとに良い部分は増えてはいくのですが、
ところどころ、指の都合で弾いているよねという箇所があります。

「一番」とか「速い」、こういう言葉に敏感なお子さまは向上心が強いです。
私は自分がそうでなかっただけにある意味憧れでした。

でも、気持ちばかりが走ってしまう弾き方は
「どうしてそんなに急ぐの?」と聞いてしまいます。

「この速さでね」とトントンしている中で弾いてもらいますが開始音からズレています。

すかさず演奏にストップをかけます。
気が先走って聴いていないのです。

「自分の音を聴いてごらん」「楽譜を見て」と何度も言います。
練習の仕方を覚えてもらうのはこちらにも根気と根性が必要なんです。

「肩の力を抜いて」
「指は丸くてっぺんで弾くよ」
と、いつもの言葉が飛び出します。

いろいろなアドバイスを聞くと、最後の演奏はとても美しい音に変わっていました。
こんなに変わるんです。

楽譜が読めたからといって、
すぐにちゃんとした演奏になるわけではないんだよ。

いろいろなことを意識して、気をつけて、気にしているうちに
自分の出している音がどんな音なのか、
判断のできる耳が育ち変わっていくものなんですね。

適当に何十回の練習をするより、
集中してしっかり考えて弾いた一回の練習の方が確実に上手くなります。

今はガンガン弾きたくなる気持ちにブレーキをかけて
忍耐や我慢を覚えつつ練習することが一番大切かもしれません。

だから「今」じゃなくてずっと先を考えて頑張って行こうね。
先生も応援するよ。

関連記事

手作り教材~タッチポイント

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 時間と心の余裕があると

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-2

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなければな

記事を読む

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなけれ

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。 あらかじめ基

記事を読む

no image

バッハを弾く

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 音楽家『バッハ』

記事を読む

譜読みを克服しましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「譜読み」は得意で

記事を読む

おうち教室の先生と楽器店の専属講師の違い

  こんにちは。 間瀬 知子です。 おうち教室のピアノの先生と 楽器店教室の雇

記事を読む

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

言い方しだいで変わるもの~ピアノの練習

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「練習しなさい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑