打鍵と音色の関係

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

今日は一日中コンクールの曲を選んでいました。
山に積んだ本を順番に広げていきピックアップ。

CDを聴いたりYouTubeを見たりしてイメージを広げておりました。
ほぼ、チョイスは完了。

いろいろな本を引っ張り出していると、
過去に自分が講座を受けた時のノートが出てきて
思わず読みふけってしまいました。
一部、書き出してみます。

・打鍵が強いと➡重みがある音
・打鍵が弱いと➡軽い音
・打鍵のスピードが速いと➡はっきりした音
・打鍵のスピードが遅いと➡やわらかい音

では、
1、打鍵が強くて速いと➡力強い音
2、打鍵が強くて遅いと➡豊かな深い音
3、打鍵が弱くて速いと➡透き通ったクリアな音
4、打鍵が弱くて遅いと➡繊細な音

以上が打鍵と音色の「原則」だそうです。

 

自分のイメージする音が1~4のどれに近いのか考えてみる。
たった1センチの深さの鍵盤を下ろすことで起こる違いです。

そして、押さえることだけでなく離鍵にも気をつけると
さらにレベルの高い音作りになるわけです。

例えば、dolceの音(4の音)をイメージするなら
「可愛いワンちゃんの頭をなでるように弾いてごらん」。

3の音なら、「海がお日さまでキラキラ光っているような」。

ここでも培った『イメージ力』が活躍するわけです。

関連記事

絶対音感に興味をお持ちの方へ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 私の教室にも『絶対音感』

記事を読む

おかあさんはスゴイ!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノchacha-musicの間瀬です。 う

記事を読む

no image

個人レッスンだからできること

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今年の2月~5月、約10名、

記事を読む

個人レッスンとグループレッスン~2

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今日は3歳児さんの

記事を読む

もっと自然に出てみよう~HP写真

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 ホームページ作成に

記事を読む

タッチポイントを意識したよ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 小2のYくん タッチポイント

記事を読む

no image

ピアノを指で弾くということ(幼児)

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 私の教室は、3,4

記事を読む

リトミックピアノの教材

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 本格的なピアノのレッス

記事を読む

no image

振替レッスンをしない理由

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 生徒さんの都合により 欠席される場

記事を読む

Prettyサンタがやってきた!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 T先生と合同でクリスマスコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑