打鍵と音色の関係

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

今日は一日中コンクールの曲を選んでいました。
山に積んだ本を順番に広げていきピックアップ。

CDを聴いたりYouTubeを見たりしてイメージを広げておりました。
ほぼ、チョイスは完了。

いろいろな本を引っ張り出していると、
過去に自分が講座を受けた時のノートが出てきて
思わず読みふけってしまいました。
一部、書き出してみます。

・打鍵が強いと➡重みがある音
・打鍵が弱いと➡軽い音
・打鍵のスピードが速いと➡はっきりした音
・打鍵のスピードが遅いと➡やわらかい音

では、
1、打鍵が強くて速いと➡力強い音
2、打鍵が強くて遅いと➡豊かな深い音
3、打鍵が弱くて速いと➡透き通ったクリアな音
4、打鍵が弱くて遅いと➡繊細な音

以上が打鍵と音色の「原則」だそうです。

 

自分のイメージする音が1~4のどれに近いのか考えてみる。
たった1センチの深さの鍵盤を下ろすことで起こる違いです。

そして、押さえることだけでなく離鍵にも気をつけると
さらにレベルの高い音作りになるわけです。

例えば、dolceの音(4の音)をイメージするなら
「可愛いワンちゃんの頭をなでるように弾いてごらん」。

3の音なら、「海がお日さまでキラキラ光っているような」。

ここでも培った『イメージ力』が活躍するわけです。

関連記事

no image

幼稚園の採用試験合格 (^O^)/

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今日レッスンに来ている短大生

記事を読む

絶対音感に興味をお持ちの方へ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 私の教室にも『絶対音感』

記事を読む

no image

懇談という時間の中で

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 改めて「保護者と

記事を読む

小さなお客さま

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 夕方、わが家のインター

記事を読む

発表会に向けてスタート!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 7月17日開催の ピアノ科・

記事を読む

ありがとう~飛躍

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 4月24日、私の下から

記事を読む

発表会の主役

発表会の主役は・・・ もちろん「生徒のみなさん」です。 しかし、練習してきた曲を舞台で弾いて

記事を読む

発表するということ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 週末はホームセ

記事を読む

子育てサークルでリトミックしました

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 個人レッスンの指導歴は長いの

記事を読む

休み明けの教材準備 ①

こんにちは。 ご覧くださりありがとうございます。 並んだ音符を読む練習  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑