練習に行き詰まるとき

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

芸ごとというのは、皆がみんな才能でやっているわけではありません。

もちろん、私もごく普通の人間でありまして
他から見れば華やかなように見えそうですが
裏側には「努力」というものが必ずあるのです。

長年、指導をしているとピアノの練習にも、ある程度のレベルに来るまでに
大きく3回ほどの壁があり、練習に行き詰まるのが伺えます。

まず初めは、五線の理解(音符の読みや音価)だと思います。
きちんと理解しないまま進んでいると、結局読めなくて
正そうとしても時間が何倍もかかりしんどくなってしまう。

読む方法はわかっているくせに手っ取り早く周囲に聞いてしまうのは要注意!

「これ何の音?」「どうやって弾いたらいいの?」
お母さんやお家の人にヘルプしていませんか?

子供のためだと思って、やんわり無視してください。

次はバイエルでいうと中盤~終盤あたりです。
器用な人と不器用な人の違い。
ピンポイントで考えて練習できるかどうか。
自分に甘いか厳しいか。

このようなことで難なく壁を乗り越えられるかどうかというところです。
これは本人の意思が一番ですが、家族の接し方もかなり影響があります。

ここまで壁を越えられたら、折返し地点です。

次は学業との両立。
学生本来のやるべきことは勉強ですものね。
塾に通い始めるとか部活が始まる、受験がある・・・

今までのブログの話題にも出しましたが
やるかやらないかは本人次第。
私は、辞めていく人にお説教ができる立場ではありませんから。
ただ、結論が出るまで迷っている人には
できる限りフォローはしていくつもりです。

「練習に行き詰まったら」「気分転換をすること」ですね。

大人だって、すぐに「ストレスたまるわぁ~」って言い
バーゲンへ行ってドカ買いし、お友だちとランチして喋りまくる。
するとリフレッシュできますよね。
お母さんたち、そんな経験あるでしょう?
私だってしょっちゅうありますよ(笑)。

子供たちもピアノに向かっている時だけがピアノの練習ではないんですよ。
たくさんの自然に触れさせて
鳥の声、海の冷たい水、風の音、土の感触などを感じること。

いろんなところに行って
楽しい気持ちを貯めこんでください。

お友達といっぱい遊んで、
笑ったり喧嘩したりしてください。

これも、大切なことだと思います。

「芸の肥やし」は、まわりにたくさんあります。

関連記事

no image

ピアノの音色は指のタッチポイントで決まる

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 最近、コンクールに出

記事を読む

絶対音感プログラムの認定校になりました

お読みいただきありがとうございます。 絶対音感とは 鍵盤を見なくても 音を見ているように

記事を読む

習い始めて3か月、半年、2年経ったら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 去年の秋入会の生徒

記事を読む

いよいよ五線読みの導入です

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今年に入ってからのリト

記事を読む

no image

学びとは「後ろに進む動く歩道」

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 藤 拓弘先生の指

記事を読む

no image

体験レッスン大盛況

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「春の生徒募集」

記事を読む

no image

下のお子さんを連れてのレッスン付添い

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 おかげさまで2015年

記事を読む

譜読みは国語の音読と同じだね

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 習い始めの五線のど・れ・み・

記事を読む

やさしい音が出せる魔法のグッズ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 4歳、5歳、6歳児 私の

記事を読む

3つの大切な力

いつもご覧いただきありがとうございます。 教室の生徒に 心がけている 3つの大切な力とは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑