怒る・叱る・指導する

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 教室と生徒のこと , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

講師に成りたての頃の「気短さ」はよく覚えています。
練習してこない生徒のレッスン時間の苦痛に耐えられず
よく怒っていました。

自分が子育てをしている時、
またまたイライラして子供を叱り、怒っていました。

そしてここ数年、「怒る」と「叱る」に向き合える余裕ができてきました。
「怒る相手」は自分。「叱る相手」は相手なんですよね。

ピアノを教えるにあたり、間違いは正さなければならないけれど、
叱る必要はないんだと。
怒る理由も別にない。

相手に伝える方法は「指導する」ということ。

関連記事

no image

個人レッスンだからできること

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今年の2月~5月、約10名、

記事を読む

最初の教室選びが大切です

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 『最初の教室選びが大切

記事を読む

ありがとう~飛躍

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 4月24日、私の下から

記事を読む

音楽会のピアノ伴奏

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 教室の生徒さん

記事を読む

ドーナツの手でひいてみたら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 ピアノを弾くときの 手の形、

記事を読む

発表会の主役

発表会の主役は・・・ もちろん「生徒のみなさん」です。 しかし、練習してきた曲を舞台で弾いて

記事を読む

発表会 いよいよホール関係者との打合せ

兵庫県川西市 ピアノ教室 リトミックピアノ教室 講師の間瀬知子です。 いよいよ

記事を読む

いよいよ五線読みの導入です

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今年に入ってからのリト

記事を読む

no image

先生との連携プレーにレッスンの付添いは不可欠です

私の教室では 半数以上の保護者の方が レッスンの付添いを しておられます。 レッスンを見学な

記事を読む

絶対音感プログラムの認定校になりました

お読みいただきありがとうございます。 絶対音感とは 鍵盤を見なくても 音を見ているように

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑