ピアノを指で弾くということ(幼児)

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。

私の教室は、3,4歳で入会されるお子さまが多いです。
まずは「リトミックピアノ」のコースで始めてもらい
お子さまの成長に合わせてピアノを弾く割合を増やしていきます。

5指の独立、左右の5指の分裂は個人差がかなりありますので
同じ年の同じ生まれ月でも出来ることがみんな違います。

5指一緒に鍵盤に触れることから。
いろいろな力加減でいろいろな音が出ることを体感します。

次に人差し指、中指、このあたりがまず独立を始めるので
利き手の指で音を出してみます。
これが『スイッチを押す』のと同じ感覚なのです。

5指は同時に独立しませんから成長の度合いを観察しています。
利き手の5指が独立していたら、私は思い切って両手奏に入ります。

ここまでは成長に影響していることなので焦ってもどうにもなりません。
むしろ、独立していない指で無理にピアノを弾かせると
後々、指の形で苦労することになるかも知れません。

でも、独立しているのも関わらず指の形を気ままにさせていると
またもや後々苦労することに・・・

どの時点からスイッチを押していた指がピアノを弾く指にするのか
この匙加減を私たちピアノの指導者はしっかり知らなくてはいけないのです。

ピアノを弾く姿勢やいすの高さなどをお家でもご協力をお願いしています。
形の良い手にするためには、やはり「自分の意識」が必要です。

話は戻りますが、真っ白な状態で習いに来てくれる3,4歳児さんは
すんなり形の良い手になりつつあります。(結果が出るのは5,6歳になってから)

でも、お家のピアノを好きなように鳴らして遊んでいた子や
小学生(中学年)からピアノを始める子は、思うようにいかないのが現状です。

関連記事

no image

下のお子さんを連れてのレッスン付添い

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 おかげさまで2015年

記事を読む

舞台衣装を試作してみました

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 オペレッタの衣装 材料を

記事を読む

発表会のドレス

 こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 女の子なら一度は憧れるであ

記事を読む

no image

そろそろ選曲

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 秋の気配がとて

記事を読む

たった2分の積み重ね

いつもご覧いただきありがとうございます。 7月に発表会を控え どうしても こちらの曲に専念

記事を読む

発表会の主役

発表会の主役は・・・ もちろん「生徒のみなさん」です。 しかし、練習してきた曲を舞台で弾いて

記事を読む

no image

お悩み・・・ピアノの練習嫌い

生徒さんの親御さんによく相談される、 定番中の定番のお悩みのひとつにがコレです。 「うちの

記事を読む

no image

打鍵と音色の関係

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今日は一日中コンク

記事を読む

大きくなったらなんになる?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 樹原涼子先生の ピア

記事を読む

no image

音楽教室への導入 指導法研究

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 先日、ベテランの先生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner
  • 2015年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

PAGE TOP ↑