カノンから学ぶこと

公開日: : プライベート , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミック 講師の間瀬です。

リトミック指導の中で「カノン」という項目がでてきます。
ここでの「カノン」とは・・・
1小節遅れで音やリズムをまねっこしていく動作です。

♪かえるのうた を思い浮かべてみましょう。
1.かえるのうたが~ 2.きこえてくるよ~
Aさんが初めに歌い始めるとします。
Aさんが2.を歌うとき、同時にBさんが1.を歌い初めます。
すると最後の1小節は、Bさんだけが歌うことになります。

たぶん、多くの人が経験されているでしょう。

「かえるのうた」はよく知っているし短い曲ですね。

これが、未知の曲や歌詞のないリズムだったらどうでしょう。

「記憶を再現しながら、次のことを聴いて記憶する」

rito

リトミック研究センターでは3歳からこの訓練(レッスン)をします。

もちろん、はじめは全然出来ませんが
4,5歳になるとリズムが聴き取れるようになります。

私も、生徒にいろいろ試してみました。
未就学児5人に「リンゴ」「バナナ」「みかん」の
カードを見せて言葉のカノンです。

結果、すんなりついてくる子は3人、慣れたらできた子は2人、
何度してもできない子は1人でした。

ちなみに、レッスンを見学されているお母さまにもしてもらいました。
結果、練習すれば全員できましたが、最初は私と同じ状態でした(笑)

小学生には簡単なリズムを提示してみました。
7人試しましたが、全員大人と同じ感じで
初めは戸惑うけれど、何度かの訓練で習得する。
でも、大人より習得が早いことがわかりました。

よ~く考えたら「〇〇しながら△△できる」というのは
生活上、出来ると得することがいっぱいなんですよね。

ピアノを習いに来ているんだけれど
「カノン」は小さい時からやっていると
きっと頭が良くなる(回転が速くなる)と思います。

2月15日は、リトミックの指導者認定上級のテスト・・・・・
もちろん、「カノン」も項目にあります。
曲の長さも長くなり、拍子の種類も増え、手足ともに違う動きをする・・・
苦手意識からか、なかなか体の中に入ってこず未だに汗をかいています。
大人になってからだと(しかも歳をとってからだと)何倍も苦労します。
ひしひしと実感している今日この頃です。

関連記事

no image

こんな時こそ落ち着いて

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 ふと気がつけ

記事を読む

no image

自分へのご褒美

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 とうとう大きなお買い

記事を読む

no image

表現力の源

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 先日、辻先生のリ

記事を読む

no image

名古屋へ行きます!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 川崎紫明先生の指導

記事を読む

no image

やっと解放!

リトミックの上級指導認定試験が終わりました。 10月に課題が発表されたとき・・・「絶対ムリやわ。」

記事を読む

まさかの悪天候

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 3月8日から北海道へ家

記事を読む

病院なう - 続

こんにちは。 川西市 ピアノ教室、幼児リトミック教室  間瀬です。 先週の甲状腺腫瘍の細胞穿刺の

記事を読む

早起きは三文の徳

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 澄みきった青空です! 今日

記事を読む

鍵盤ハーモニカに魅了された日

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 8月19日、松田 

記事を読む

no image

一日が27時間あったらいいな

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノchacha-music の間瀬です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑