ピアノ嫌いと練習嫌いを克服する方法

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 未分類 , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・リトミック幼児音楽教室 講師の間瀬です。

ピアノの習い始めというのは
誰もが希望を持って練習に励んでいると思います。

しかし、年月とともに徐々に練習がおっくうになり
ピアノから離れていく人も出てきます。

原因は何だと思いますか?

練習が足りないからピアノが弾けなくなった、
ピアノが嫌いになったと思いがちですが、

その前の段階の、
なぜ練習をしなくなったのか?
なぜ練習が嫌いになったのか?
ということを考えてみましょう。

これまで色々な人を見てきて感じたことですが
練習が嫌いになる理由として大きく分けると二つあると思います

まず、一つめとして
「譜読みが」ということです。

苦手確かに習い始めは楽譜も簡単で
譜読みもそれほど苦ではないと思います。

しかし、スキルが上がるにつれ
楽譜も難しくなり譜読みが大変になります。

譜読みに時間がかかると、それがストレスとなり
だんだん楽譜を開くことすら拒否したくなります。

次に二つめとして
「指が思うように動かない」のではないでしょうか。

指が動かないと自分が描いている、目指している演奏が出来ないので
これもまたストレスになります。

そして、最終的にピアノを弾くことが嫌になります。

私はこの二つを克服することで、練習嫌いの大半が解決するのでは
ないかと思っております。

私の教室では

まず、譜読みに対する苦手意識をもたないようにするための
レッスンを順序だてて行うようにしました。

◆ ト音記号での文字・音符の連動
◆ ヘ音記号での文字・音符の連動
◆ 大譜表での文字・音符の連動
◆ 初見視奏・ソルフェージュ

音符を単体で読むのではなく、複数を連動させて読むことが大事です。

二番めの「指が思うように動かない」ことの矯正ですが
私は生徒に「自宅では練習の8割はリズム練習に使うこと」
と指導しておりま

曲を仕上げるにあたって
まずはリズム練習で指を回すことに徹底した練習方法です。

そして、完全に指が回るようになると
(もうその時点で自然と曲想もついてはおりますが)
曲想の練習に入ります。

「ピアノ嫌い」「練習嫌い」になる理由というのは、
ストレスを感じながら練習をしているからであって
そのストレスの原因から考えてみると、解決法が
見出されてくるのではないか?と思います。

関連記事

no image

ピアノ教室 入会金の用途

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 「入会金」

記事を読む

2015年をふり返って・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 私の2015年

記事を読む

no image

休み明け

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 私の教室も10日間の

記事を読む

no image

子育てとは子供が育つだけでなく親が育つこと

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック音楽教室 講師の間瀬です。 2月にリトミッ

記事を読む

no image

今日のレッスン~指導案を振り返って

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 リトミックピアノの

記事を読む

導入期は笑顔と根気で

お読みいただきありがとうございます。 9/20 台風の中 千里ヤマハで 今野万実先生の

記事を読む

no image

ピアノレッスンの指導案

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 「指導案」とは、レッ

記事を読む

休み明けの教材準備 ②

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 毎日うだるような暑さです。 オ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑