ピアノの音色は指のタッチポイントで決まる

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。

最近、コンクールに出る生徒のレッスンをして感じたこと。
この生徒たちは、見事にピアノの音色を作ることができます。

今月末に本番を控え、今は部分的に調整をしている時期ですが
「私の想う音でひとつのフレーズを弾かせたい。」あまりに
結構私が無茶な注文をつけても、彼女たちは左右の10本の指を
それは器用に加減し多様に弾いてみてくれます。

彼女たちの手を見つめながら思ったことは
タッチポイントを変えて弾いているんです。

導入の生徒から上級の生徒まで全員、
普段レッスンでこだわっていることに“美しい音”があります。

私なりに出来る限りその曲に合った音をみつける努力をしています。
その為にはどうしてもタッチポイントは必要不可欠です。

指が反ってしまう癖をもつ生徒。
打鍵が浅く、美しい音が出ることもあれば音そのものが消えてしまうこともあって
思うような美しいメロディに仕上がりません。

癖は怖いもので、一度ついてしまうと簡単には戻りません。
直すには癖がついた分の年月がかかると言われているほど矯正するのは大変です。
この生徒さんも小さい頃から指に関しては言い続けて来たつもりなのですが、
本人に自覚が生まれるのがかなり遅かったため、
今でも指先に意識をしていないと完全に反ります。

“指のてっぺん”と口を酸っぱくして横で言い続けても
どうしても指の腹で弾いてしまいます。

横から見ると尺取虫のようですよね。

美しい音は、美しい指や姿勢、しなやかな腕からでないと生まれません。

導入期の小さな生徒には、絵本を利用して
タッチポイントはどこなのか・・・体感して覚えてもらっています。

自分の将来のためにも意識づけは大切です。

関連記事

no image

メールでやめます?????

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 先日、私と同期に

記事を読む

no image

コンクール生の停滞期

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 いよいよ一か月後に迫ってきた

記事を読む

ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

同じ時期にピアノを始めて 同じ教材でレッスンを進めていても 生徒によって進度やテクニックの習得に

記事を読む

no image

リズム練習 START!!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ、講師の間瀬です。 音価(音符の長さ

記事を読む

体験レッスンでもらったお手紙

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 今日 体験レッスンがありました。 年

記事を読む

no image

練習する環境・・・楽器必要?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 どんなジャンルでも習い

記事を読む

私の教室の強みです

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 8か月前、 『自分の教室の強み』を

記事を読む

休み明けの教材準備 ①

こんにちは。 ご覧くださりありがとうございます。 並んだ音符を読む練習  

記事を読む

合格のラインって・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 生徒さんの教本

記事を読む

釘田先生のオリジナルわーく①②

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 釘田先生は常に導入教材

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑