ピアノ上達法のひとつ・・・伴奏をする

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 セミナー , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。

音楽は、“メロディー”と“ハーモニー”と“リズム”の要素でできています。
伴奏はこの3つを客観的に意識して演奏するからピアノが上達するのです。

どこをどう盛り上げたいのか、
全体を考えて音量のコントロールをする。

それがまさに伴奏者のなせる技!

合奏・合唱・独唱・独奏…
何でも良いので、 一度何かの伴奏をしてみてください。

そうすると、
楽曲全体を考えられるようになります。

楽曲の全体像を意識しながらピアノを弾くというのは、
とっても重要なことなんです。

“今弾いている一小節”だけじゃなくて、
全体を理解した上での今の一小節、
これがいい演奏につながるんだと思います。

また伴奏することで、
“出来上がっていく音楽全体のクオリティー”というものも意識できます。

すると完成度、というのが見えてくるんですね。

身近なところでは、学校の音楽会のピアノ伴奏。
勇気を出してチャレンジしてみてください。

関連記事

no image

自己構築の成果が見えてきた

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 7日は保科先生の経営塾セミナー

記事を読む

先生だって勉強してるんだよ

いつもご覧いただき ありがとうございます。 今日(9/8)は中嶋宏美先生の 3倍速レッスン

記事を読む

PTNAピアノコンペ課題曲セミナーへ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今年は PTNAピアノコンペ

記事を読む

no image

ピアノ教室で頭の良い子に~1歳

1歳の赤ちゃんは大人が考えているよりも素晴らしい能力を持っています。 様々な刺激を与えて赤ちゃんの

記事を読む

no image

ピアノ教室で頭の良い子に~2歳

五感がもっとも伸びる時期。2歳がチャンスです! 感覚形成に対して最も敏感な時期です。 小

記事を読む

保科陽子先生のセミナー3限め

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 12月6日は、保科先生の大阪

記事を読む

no image

ピアノの打鍵と離鍵は呼吸と同じ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 「どうしたら、ピ

記事を読む

確定申告セミナーへ行きました

世間がクリスマスで賑わう頃 確定申告が迫ってきたな・・・ 毎年感じております。 ピアノの先生は

記事を読む

後藤ミカ先生の公開講座へ

いつもお読みくださり ありがとうございます。 10月14日 後藤ミカ先生の著書 ミラクル

記事を読む

自信構築セミナーを受けて

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 12月11日の保科陽子先生の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑