学びとは「後ろに進む動く歩道」

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。

藤 拓弘先生の指導者向けセミナーからのお話です。
私自身、改めて初心に返りモチベーションの高い時に書き残しておきます。

■ 課題は自分で見つけなければならない

  学生時代は学ぶ環境を「課題」として与えられていたけれど、
  社会人になると目の前に学びの場が用意されるなんてまずない。
  学びとは「主体的な活動」だということ=「学びの場は自分でつかみ取るしかない」

■ 幸運なことに学びの場はいくらでもある

  レッスンに関するセミナーは毎日といっていい程いろいろな所で開催されている中

  「今、自分は何を学ぶときなのか?」
  を知る必要があるということ。

■ ベテランの先生ほど学びの意識が高い

  今は、3~4年でレッスン法も大きく変わっているとのこと。
  レッスンや教室運営では、社会状況や音楽のトレンドなど、
  時代によって柔軟である必要がある。
  ⇓
  社会や業界で「今何が起こっているのか?」を知っている必要がある

  長年経験を積んだベテランのピアノの先生ほど、
  「学びは、教え続ける限り終わらない」という意識を持っていること。

■ 足を止めることは下がること

  これだけ流れが早い世の中。
  ピアノの先生も、学んでいないとすぐに置いていかれてしまう。

  「後ろに進む動く歩道」を「学びの道」とイメージしてみる。

  足を止めると、当然後ろに下がる。

  下がらないようにするためには、足を前に出し続ける必要がある。

  さらに、前に進んでいくためには、歩くスピードを上げる必要がある。

  時には走る必要もあるかも。

  いずれにしても、足を止めれば下がる。
  当然、歩き続けている人に追い越される。

  危険なのは、隣の人が足を止めているからと安心していると、
  一緒に下がっていくこと。

  逆に、共に歩みを進められる人がいれば、切磋琢磨しながら前に進める。

  嬉しくも悲しくもこの道は、ピアノを、そして音楽を教える限り続く。

  いわば、この「動く歩道」から降りるときが、ピアノの先生を辞めるときだろう。

  大切なのは、自分のペースで着実に、足を前に踏み出し続けること。

  この歩道の先に、今いる生徒そして未来の生徒の笑顔が待っている。
  その喜びをかみしめながら、何より学ぶことを楽しんでいくこと。

  これがピアノ教育の醍醐味であり、指導者としての「自信」につながっていく。

関連記事

音楽会のピアノ伴奏

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 教室の生徒さん

記事を読む

「おじいさんの古時計」の思い出

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 かれこれ20年近く前のお話です

記事を読む

アイディアグッズ ~(=^・^=)

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 お友だちのY先生の

記事を読む

no image

幼児期の音痴は当たり前

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 体験レッスンでの 保護者さまからの

記事を読む

no image

先生との連携プレーにレッスンの付添いは不可欠です

私の教室では 半数以上の保護者の方が レッスンの付添いを しておられます。 レッスンを見学な

記事を読む

no image

ピアノの導入期~キーボード(動画)

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 https://www.yo

記事を読む

no image

ハンドベルの合同練習①

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今月は前期の調整月です。

記事を読む

子育てサークルでリトミックしました

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 個人レッスンの指導歴は長いの

記事を読む

教室をリメイク

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 4年前、家を建築する時は個人

記事を読む

体験レッスン大盛況☆

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 暑さもようやく遠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑