和声を身近に

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。

日々のレッスンの中で「和声的」な要素をどのくらい感じておられますか?

和声学は、覚えなければならないことや専門的な言葉が多いので
「和声」と名乗ると拒絶反応を起こし兼ねない分野です。

「どみそ」「どふぁら」「しふぁそ」・・・
ヤマハのCMでもあるように導入期から和音として響きを聴かせます。
聴音しているうちに和音の流れ(和声)が何となく身についてきます。
聴音のピアノを弾いている先生は和声を考えて問題を出しています。
つの和音を弾く時でも、
「しふぁそ」⇒「どふぁら」という順では出しません。
Ⅴの次はⅠがくる「しふぁそ」⇒「どみそ」
何度も聴かせていると「しふぁそ」⇒「どふぁら」が鳴ると違和感がでるものです。

私の教室でも、ヤマハのピアノグレードを取得するため
この「和声」の勉強をしている生徒が何名かいます。

まだ、和音記号と和音の成立ちのあたりまで進んだ程度で
カデンツと和音を丸覚えしている状態です。
それでも、小学生なのでなかなか応用がききません・・・

「なぜ、ⅤはⅠに進行するのか」
「Ⅰは終始感をもたらす安定した和音」
「Ⅱはどこに進行するのか」

全部で7つある和音記号の和声をもっと楽に理解出来たら
楽曲を演奏する時にも役立つこと間違いなし!

そんな時、水上先生の『キャラ和声』

という本に出会いただ今、勉強中です。

和音の響きを感じて演奏するのと、そうでないのとでは
「音楽表現」の豊かさに大きな差がでてきます。

私の小学生の頃に使っていた本の所々に、「終止」とか
和音の進行がわかるように左手の低音部に〇がつけてあったりします。
当時もおそらく説明を受けていたのだと思いますが
記憶は薄っすらとしか残っていません。
きっと興味がなかったんでしょうね (-“-)

関連記事

最初の教室選びが大切です

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 『最初の教室選びが大切

記事を読む

たった2分の積み重ね

いつもご覧いただきありがとうございます。 7月に発表会を控え どうしても こちらの曲に専念

記事を読む

4歳児さんが2週間で急成長!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 4歳児のSちゃん。 次女なの

記事を読む

no image

打鍵と音色の関係

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 今日は一日中コンク

記事を読む

お待たせしました!7月より空きが出ます。

いつもご覧いただき ありがとうございます。 2016年度レッスン日 月火水金土 いず

記事を読む

お豆腐がピアノの鍵盤だったら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 左右の指を同時に

記事を読む

no image

言わなくても見ればわかること

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 私は初級レベルの生徒には

記事を読む

ピアノレッスン アイディアBOOK

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 ピアノ講師ラボ・監修 藤 拓

記事を読む

no image

生徒一人ひとりと向き合うこと

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 発表会という一つの区切

記事を読む

no image

個人レッスンだからできること

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今年の2月~5月、約10名、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑