和声を身近に

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。

日々のレッスンの中で「和声的」な要素をどのくらい感じておられますか?

和声学は、覚えなければならないことや専門的な言葉が多いので
「和声」と名乗ると拒絶反応を起こし兼ねない分野です。

「どみそ」「どふぁら」「しふぁそ」・・・
ヤマハのCMでもあるように導入期から和音として響きを聴かせます。
聴音しているうちに和音の流れ(和声)が何となく身についてきます。
聴音のピアノを弾いている先生は和声を考えて問題を出しています。
つの和音を弾く時でも、
「しふぁそ」⇒「どふぁら」という順では出しません。
Ⅴの次はⅠがくる「しふぁそ」⇒「どみそ」
何度も聴かせていると「しふぁそ」⇒「どふぁら」が鳴ると違和感がでるものです。

私の教室でも、ヤマハのピアノグレードを取得するため
この「和声」の勉強をしている生徒が何名かいます。

まだ、和音記号と和音の成立ちのあたりまで進んだ程度で
カデンツと和音を丸覚えしている状態です。
それでも、小学生なのでなかなか応用がききません・・・

「なぜ、ⅤはⅠに進行するのか」
「Ⅰは終始感をもたらす安定した和音」
「Ⅱはどこに進行するのか」

全部で7つある和音記号の和声をもっと楽に理解出来たら
楽曲を演奏する時にも役立つこと間違いなし!

そんな時、水上先生の『キャラ和声』

という本に出会いただ今、勉強中です。

和音の響きを感じて演奏するのと、そうでないのとでは
「音楽表現」の豊かさに大きな差がでてきます。

私の小学生の頃に使っていた本の所々に、「終止」とか
和音の進行がわかるように左手の低音部に〇がつけてあったりします。
当時もおそらく説明を受けていたのだと思いますが
記憶は薄っすらとしか残っていません。
きっと興味がなかったんでしょうね (-“-)

関連記事

ラインとハンドサイン~二本柳先生の本

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「ラインとハンドサイン

記事を読む

no image

幼児期の音痴は当たり前

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 体験レッスンでの 保護者さまからの

記事を読む

体験レッスンへようこそ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ教室chacha-musicの間瀬です。

記事を読む

春風がつくれたね~リトミックピアノ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 日差しもだんだんきつく

記事を読む

no image

継続は力なり

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 我が子にピアノを習わせようと

記事を読む

no image

ピアノを指で弾くということ(幼児)

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 私の教室は、3,4

記事を読む

おさらい会を終えて

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 橘先生の先導のも

記事を読む

ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

同じ時期にピアノを始めて 同じ教材でレッスンを進めていても 生徒によって進度やテクニックの習得に

記事を読む

お豆腐がピアノの鍵盤だったら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 左右の指を同時に

記事を読む

no image

☆2015年度のタイムテーブル完成☆

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 2月頃から新年度の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑