ソルフェージュの必要性

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 ピアノ ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。

『ソルフェージュ』という言葉をご存じでしょうか?

私の教室では、たとえ3分でも・・・とできる限りレッスンで取入れている項目です。
特に導入期~初級の生徒さんは必須アイテムです。

まずは譜読みが上達します。
音程が正確に取れるようになります。
スラーやスタッカート、強弱記号が目に入ってきます。

ここまでが生徒自身の努力で得られるもので
数をこなすほど初見力は上がります。

そして次の段階に私は”魔法”をかけます。

アーティキュレーションを唱で習得させる。
指で弾くことにエネルギーを使ってしまうこの時期は
唱でなら真似もできるし表現もできる。

そして全体的に曲のイメージを作るのも唱で。
「さらさら」「深く」「大切に」「遠くへ」など
何となく解っている言葉だけれど表現したらどうなるのか・・・

これらを生徒自身が声で表現できることが大事だと思います。

関連記事

no image

ピアノがもっと上手くなるために

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 小学生も中学年となると

記事を読む

no image

休符を正確にとらえる方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「み・れ・ど・うん

記事を読む

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

まほうの指輪

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 二重音奏を初めて弾

記事を読む

譜読みを克服しましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「譜読み」は得意で

記事を読む

ピアノの練習嫌いを直す効果的な方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 定期的に講師で集まりを

記事を読む

no image

バッハを弾く

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 音楽家『バッハ』

記事を読む

緊張感とうまくつき合う方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 では、緊張はなぜおこる

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。 あらかじめ基

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなけれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner リトルランド

PAGE TOP ↑