ピアノコンクールから得られるもの

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。

夏本番、ピアノコンクールも各地で始まりました。
私の教室からもコンクールに向けてスタートしました。

コンクールの参加についてご父兄から「メリットはありますか?」と
尋ねられたことがありました。

確かに、費用はかかる、練習に費やす時間のために普段の教材が進まない、
入賞なんて無理なのに…、

マイナス思考で見るといくらでも出てきますよね。

でも、見方を変えてみたらどうでしょう。

もし入賞すれば賞状や盾、トロフィーといった実態のある物が得られたり、
本選など上のステージへ進むための権利などが得られます。

仮に優勝でもすれば名誉も得られるかもしれませんし、
コンクールによっては上位入賞者のためのコンサートといったような特典が付いてくることもあります。

では、もし入賞できなかった場合は?

ご心配いりません。
どんな結果であったとしても、参加した人全員が等しく得られるものがあるのです。

それは「経験」。

ピアノコンクールに参加し、何らかの結果を出したという経験。

これだけは誰もが等しく得られるものなんですね。

入賞できなくったって、しっかり経験は得られるんです。

しかもこの経験というものは、ステージ上で演奏した本人だけではなく、
私たちピアノ講師や親御さん、応援しに来た人たちも等しくみんな得ることができます。

わが子の演奏を客席でハラハラしながら観ているだけでも、それは貴重な経験となります。

ステージから戻ってきたわが子に言葉をかけてあげるというのも、ひとつの経験なんです。

応援しに来たおじいちゃんやおばあちゃんも、孫のコンクールへの挑戦を通じて何かしらの経験を得ているわけです。

それぞれの立場で、それぞれの結果に応じた経験をみんな得ているんですね。

こんな「経験」はコンクールに挑戦する人にしかもてないものではないでしょうか。

貴重な経験は「財産」となります。

今年も全力で挑戦し、立派な財産を残したいと思います。

関連記事

譜読みは国語の音読と同じだね

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 習い始めの五線のど・れ・み・

記事を読む

no image

連弾のむずかしさ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 発表会までいよいよ2週

記事を読む

習い始めて3か月、半年、2年経ったら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 去年の秋入会の生徒

記事を読む

一通の手紙

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 3月22日、無事に発表

記事を読む

no image

セカンドレッスン(動画)

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 今日は、お知り合いのピアノの

記事を読む

おかあさんはスゴイ!

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノchacha-musicの間瀬です。 う

記事を読む

no image

先生との連携プレーにレッスンの付添いは不可欠です

私の教室では 半数以上の保護者の方が レッスンの付添いを しておられます。 レッスンを見学な

記事を読む

no image

懇談という時間の中で

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 改めて「保護者と

記事を読む

たった2分の積み重ね

いつもご覧いただきありがとうございます。 7月に発表会を控え どうしても こちらの曲に専念

記事を読む

no image

ピアノの音色は指のタッチポイントで決まる

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 最近、コンクールに出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑