ピアノコンクールから得られるもの

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 教室と生徒のこと , , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。

夏本番、ピアノコンクールも各地で始まりました。
私の教室からもコンクールに向けてスタートしました。

コンクールの参加についてご父兄から「メリットはありますか?」と
尋ねられたことがありました。

確かに、費用はかかる、練習に費やす時間のために普段の教材が進まない、
入賞なんて無理なのに…、

マイナス思考で見るといくらでも出てきますよね。

でも、見方を変えてみたらどうでしょう。

もし入賞すれば賞状や盾、トロフィーといった実態のある物が得られたり、
本選など上のステージへ進むための権利などが得られます。

仮に優勝でもすれば名誉も得られるかもしれませんし、
コンクールによっては上位入賞者のためのコンサートといったような特典が付いてくることもあります。

では、もし入賞できなかった場合は?

ご心配いりません。
どんな結果であったとしても、参加した人全員が等しく得られるものがあるのです。

それは「経験」。

ピアノコンクールに参加し、何らかの結果を出したという経験。

これだけは誰もが等しく得られるものなんですね。

入賞できなくったって、しっかり経験は得られるんです。

しかもこの経験というものは、ステージ上で演奏した本人だけではなく、
私たちピアノ講師や親御さん、応援しに来た人たちも等しくみんな得ることができます。

わが子の演奏を客席でハラハラしながら観ているだけでも、それは貴重な経験となります。

ステージから戻ってきたわが子に言葉をかけてあげるというのも、ひとつの経験なんです。

応援しに来たおじいちゃんやおばあちゃんも、孫のコンクールへの挑戦を通じて何かしらの経験を得ているわけです。

それぞれの立場で、それぞれの結果に応じた経験をみんな得ているんですね。

こんな「経験」はコンクールに挑戦する人にしかもてないものではないでしょうか。

貴重な経験は「財産」となります。

今年も全力で挑戦し、立派な財産を残したいと思います。

関連記事

no image

休符=集中して待つこと

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 先日、私がハンドベルの

記事を読む

no image

和声を身近に

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 日々のレッス

記事を読む

お豆腐がピアノの鍵盤だったら・・・

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 左右の指を同時に

記事を読む

『音痴』って治りますか?

体験レッスンの時に「何かご質問はありますか?」とお母さんに尋ねると 『うちの子、音痴だと思うの

記事を読む

no image

体験レッスン大盛況

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「春の生徒募集」

記事を読む

個人レッスンとグループレッスン~1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 習い事にはマンツー

記事を読む

絶対音感プログラムの認定校になりました

お読みいただきありがとうございます。 絶対音感とは 鍵盤を見なくても 音を見ているように

記事を読む

ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

同じ時期にピアノを始めて 同じ教材でレッスンを進めていても 生徒によって進度やテクニックの習得に

記事を読む

どんな楽器ですか?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「おうちに鍵盤楽器はご

記事を読む

タッチポイントを意識したよ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 間瀬です。 小2のYくん タッチポイント

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑