ピアノ・テクニックの上達へ-2

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 ピアノ , , ,

こんにちは。
川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。

導入期からはじめなければならない「テクニック」のお話です。
私は「テクニック」「読譜」「リズム」「楽典」「音感」の項目を
教材の進度に関わらず導入期より全て先取りで指導する方法でレッスンしています。

ピアノ・テクニックの上達へ-2

前回は「タッチポイント」について書かせていただき実践しました。

小さな年齢の生徒でも理解ができました。
でも、次週のレッスンに来た時はすっかり忘れて元の手に・・・(悲)
その時は出来ていたのですがお家では持続しなかったようです。

「習うより慣れよ」です。

ぜひ、お家でもお声をかけてたくさん経験させてください。

さて、今回は「2音のスラー」を課題にします。
♪ド~レ、ミ~ファ、ソ~ファ、ミ~レ、ド~という5音だけの練習です。

「腕の重みをのせる、ぬく」

将来、速い2音のスラーが出てきたとき、後ろの音を綺麗に離鍵する意識を育てるため。
2つの音は前の音に重みがかかり、後ろの音は少し短く軽く抜いた音になるように
ゆっくり耳でよく聴きながら練習します。

関連記事

緊張感とうまくつき合う方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 では、緊張はなぜおこる

記事を読む

no image

上達するにはいい音楽を聴きましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 久しぶりにCDを聴い

記事を読む

譜読みを克服しましょう

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「譜読み」は得意で

記事を読む

no image

絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。 あらかじめ基

記事を読む

PTNAピアノステップ終了しました

PTNAピアノステップに お教室から2人 出演されました。 課題曲は基礎テクニックを、

記事を読む

no image

バッハを弾く

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノ 講師の間瀬です。 音楽家『バッハ』

記事を読む

no image

ソルフェージュの必要性

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 『ソルフェージュ』という言

記事を読む

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなけれ

記事を読む

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑