ピアノの上達=人の話を最後まで聞く

公開日: : 教室と生徒のこと , ,

同じ時期にピアノを始めて
同じ教材でレッスンを進めていても
生徒によって進度やテクニックの習得には差がついてきます。

これは当然のことです。                                          ふえのね
人の持っている能力というのはさまざまで
走るのが得意な子、計算が速い子、絵がうまい子がいるように
ピアノの上達が早い子、遅い子がいるからです。

そういう生まれ持った能力というのはさておいて。

あることがきちんとできないと、なかなか伸びていかないな…
と感じていることがあります。それは

“人の話をさいごまで聞くこと” ができるかどうか。

【例1】
〇〇ちゃん、今の右手のメロディにスラーがあるよね…
ああ、わかった!こうでしょ?」(弾いてみる)

うん、それもそうなんだけどその時の左手の…
「左手?こう、こう、こう」(何度も弾いてみる)

あのね、先生が言いたいのは…
「あ!じゃあ、こう?」(いろいろ弾いてみるが残念ながら…)

先生のアドバイスを最後まで聞いていないために的外れな状態です。

【例2】

〇〇ちゃん、次は新しいことお勉強するよ♪
「うん!」 (顔だけはこちらを向いて手は何かしら鍵盤をいじっています)

先生、今から大事なことお話するよ。手はお休みしてよく聞いて。
「うん!」 (でも鍵盤から手は下りません)

・・・・・(しばらく待ちます)

よし、聞けるね!じゃぁ話すよ!
「うん!」 (また鍵盤に手が伸びます)

ねぇねぇ、おててが動いてると脳みそがみんなそっち行っちゃうよ~

中には、どうみても聞いているような顔をしているのに、
頭の中はどこかへ旅に出てしまっているような子もいます(笑)

どちらの例でも、注意力が散漫になっていますので
10のうちの1~2しか理解できないままになってしまったりします。
その1~2の理解で1週間の宿題をしようとしたら…
どういうことになってしまうか(^_^;)
10わかって1週間練習してくる子と
大きく差がついてしまうのは明らかですね(+o+)

人の話を最後まできちんと聞いて
それを自分の頭で理解して、それから行動する。
この流れが出来ていないと、うっかりミスや連絡の聞き違いなど
学校での生活や勉強などでも困ったことになってきてしまいますね。

上達するためにいちばん大切なことは

“人の話を最後までよく聞くこと!”

子どもが集中して最後まで相手の話を聞けているか
ふだんの生活の中で親御さんにはよくよく観察していただき
少しずつでも、「お話は相手の方を見て最後まで聞こうね」ということを
訓練していってほしいなと思います。

関連記事

no image

練習に行き詰まるとき

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 芸ごとというのは、皆が

記事を読む

no image

have to~? want to~?

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「ピアノは何分練習させ

記事を読む

アイディアグッズ~おんぷちゃん

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 小学生になれば「お

記事を読む

no image

土曜日、開講します

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 春の新入会が落ち着

記事を読む

no image

ピアノコンクール~年間練習メニューの位置づけ

そろそろコンクールのシーズンが始まります。 私の教室にも毎年、練習に励んでいる生徒がいます。

記事を読む

発表会の主役

発表会の主役は・・・ もちろん「生徒のみなさん」です。 しかし、練習してきた曲を舞台で弾いて

記事を読む

春風がつくれたね~リトミックピアノ

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 日差しもだんだんきつく

記事を読む

no image

幼児期の音痴は当たり前

こんにちは。 いつもご覧いただきありがとうございます。 体験レッスンでの 保護者さまからの

記事を読む

釘田先生のオリジナルわーく①②

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 釘田先生は常に導入教材

記事を読む

生徒を手放すとき

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 7月末で中学生の女の子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner banner

PAGE TOP ↑