絶対音感と相対音感のお話~ピアノ

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 ピアノ ,

「音感」というのは、何らかのメロディーを聴いたときに、「ドレミ」で聞こえることです。
あらかじめ基準となる音を聞かないでも、正確にドレミが判断できる能力を「絶対音感」といいます。

「相対音感」だと、あらかじめ基準音を聞けば、正確な「ドレミ」はわかりますが、基準音がないと、ドレミがソラシやファソラと聞こえたり、どんな音を聴いても「ド」の音に聞こえたりします。

(かえるのうた)で例をあげます。楽譜は「G音そ」から書いてあるとします。
「絶対音感」をもつ人は ♪そらしどしらそ~と聞こえます。
「相対音感」の場合は ♪どれみふぁみれど~と聞こえたり、
初めの音を ♪そ と指示されると ♪ そらしどしらそ~と聞こえます。      はてな赤

「絶対音感」は幼児期のある一定の期間に訓練することにより身についていきます。

街を歩いていても、救急車やパトカー、店から流れる曲、
雨の音や虫の声までも音階で聞こえる人がいるそうです。

日本では音楽関係の試験に「聴音」という項目がありますが絶対音感のある人は有力です。

「相対音感」は訓練により確実に身につきます。

私の教室ではソルフェージュを基本としてレッスンします。
ソルフェージュというのは、楽譜を見て階名(音名ではない)を付けて歌う練習をして、
それと並行して、聴いたメロディーや和音を楽譜に書き取る練習をします。
これらを繰り返しやることによって、メロディーが階名で聞こえるようになります。
階名で聞こえさえすれば、その中のどれかの音の音名を知ることによって、全ての音名を認識することができます。
これが相対音感というものです。

関連記事

ピアノを弾くときの指の形

レッスンで先生に「指を丸くして」と言われたことがありますか? なぜ、指を丸くするのでしょう? 

記事を読む

ピアノの練習嫌いを直す効果的な方法

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 定期的に講師で集まりを

記事を読む

ピアノが生まれ変わります

ご覧いただきありがとうございます。 20年を超えて使っているピアノ ここ数年は調律をしても ス

記事を読む

no image

うたうといいことがいっぱい

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 私はレッスンをして

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-2

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなければな

記事を読む

手作り教材~タッチポイント

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 時間と心の余裕があると

記事を読む

おうち教室の先生と楽器店の専属講師の違い

  こんにちは。 間瀬 知子です。 おうち教室のピアノの先生と 楽器店教室の雇

記事を読む

no image

ピアノ・テクニックの上達へ-1

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミックピアノの間瀬です。 導入期からはじめなけれ

記事を読む

言い方しだいで変わるもの~ピアノの練習

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 「練習しなさい

記事を読む

no image

ピアノがもっと上手くなるために

こんにちは。 川西市のピアノ教室・幼児リトミック教室 講師の間瀬です。 小学生も中学年となると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑