Q & A

Q.現在、手元に楽器がありません。入会と同時に必要ですか?

A.導入期は「お家で弾く練習」は少ないので不必要と思われがちですが、音と鍵盤のつながりを目で理解したり音名と実音を聴くという 意味ではできるだけ早く用意された方が好ましいと思います。

楽器を改めて購入されるなら、やはり「本物」を。
最初から良い音を聴くことはとても大切です。
電子楽器はいずれ寿命がきます。買替をしていると結局出費は同じになるかも知れません。
よく、レッスンが続くかどうか・・・と不安を打ち明けられますが、始める前から辞めることを前提に考えるのもおかしな話です。そんな方はどれだけ使えば満足なのかはわからないですが保護者の応援する気持ちと子供さんのやる気はほとんど比例しているように伺えるのが正直な答えです。

 

Q.子供は何歳から習えますか?

A.私の教室では満2歳半になればレッスンをお受けいたします。

年少のお子さまは「リトミックピアノ」のコースから始めて、成長に合わせて無理なく鍵盤楽器へ移行できるようにレッスンいたします。

 

Q.下に赤ちゃんがいます。連れて行ってもいいですか?

A.大丈夫です。 ただし、お子さまが集中してレッスンを受けられるようにお母さまもできるだけ工夫してください。

 

Q.レッスンは保護者が同伴しないといけないのですか?

A.お子さまの年齢にもよりますが、未就学児はお母さまの同伴をお勧めしています。

ひと月に一度でも構わないのでレッスンを見てくださることでお家での練習の仕方や声掛けの仕方が変わると思います。

 

Q.レッスンを受けるのが不定期です。振替などはできるのですか?

A.小学生以下の生徒さんは、年度のはじめに固定の曜日と時間(個人枠)を決めて定期でのレッスンとなります。

研修会・演奏活動などこちらの都合で休講する場合は振替として代講を用意いたしますが、生徒さんの都合による欠席の振替はしていません。

半年ごとに「レッスン予定日」をお渡ししています。若干、変更も生じますがレッスン回数はどの曜日も21回になるように調整をしています。

Q.ヤマハ音楽教室のグループレッスンに通っていますが移行できますか?

A.ご安心ください。どのクラスからも大丈夫です。

レッスン形態は「集合」から「個人」になるので最初はプレッシャーを感じると思いますが、「既製品」のレッスンから

「オーダー」のレッスンになるので心地よくレッスンを受けてもらえると思います。

 

Q.ヤマハのグレードを取得したいのですが?

A.ヤマハグレードはAコースもBコースも受験対策できますのでご安心ください。

 

Q.幼稚園教諭です。仕事のためにピアノが必要です。そんなレッスンは可能でしょうか?

A.お仕事をされながらレッスンを続けることは理想ですが、なかなか定期的には難しいようです。 3回ずつのチケット制レッスンもありますので不定期な方にお勧めのレッスン形態です。

 

 

 

 


公開日:
最終更新日:2016/09/05

  • banner banner banner banner

PAGE TOP ↑